初心者さん向けに分かりやすく株式をご紹介している情報サイトです。

初心者でもネットで手軽に株の売買を行い、資産を運用して増やすことができます。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『インターネットで株式取引をするにはネット証券に口座開設が必要』

近年ではわざわざ証券会社まで出向かなくても株取引ができるようになりました。

電話やFAXを利用した取引もありましたが、どうしてもリアルタイムに取引をすることができなかったところが、 インターネットの普及によって、リアルタイムに取引ができるようになりました。 そこで必要なのが「ネット証券会社での口座開設」となります。 ネット証券会社というのは、インターネット上で取引のできる証券会社全般のことを指します。 現在では大手の証券会社のほとんどがインターネットの取引もできるようになっているので、 こちらも大まかには「ネット証券会社」と呼びます。

ネット証券に口座開設するためには、ネット証券の公式ホームページにアクセスし、手続きを行うことで開設することができます。 手続きに必要な書類は身分証明書があればほとんどの証券会社で口座を開設することができますが、なかには資産の証明書も必要となります。 また、ネットバンクの口座を持っている場合は、リアルタイムで入金ができるシステムがある証券会社もありますので、 こちらのネットバンクを登録しておくと、取引資金が心許ないという場合にもすぐに入金ができるので便利です。
トレードをするならモバイル環境でも状況チェックが必要です。できれば通話ができるSIMフリーのタブレットがいいです。 もしスマホと兼用にするなら7インチタブレットがおすすめ。 7インチタブレット

リアルタイムで入金ができるシステムを搭載している証券会社の場合

銀行が閉まっている時間帯で

入金処理が翌日に回されてしまう場合でも、即座に入金しての取引が可能なので資金が足りなくて取引のタイミングを逃すということがありません。 ネット証券によってリアルタイムに入金できるネットバンクが異なっているケースが多いので、 自分が利用するネット証券の口座に合わせてネットバンクの口座を開設すると良いでしょう。 ネット証券で口座を開設するためには、口座開設の申し込みをしてから1~2週間が必要となり、 その際に入力した住所に取引画面にログインするためのIDとパスワードが送付されてくることが多いので、

現在、自分の住んでいる住所で無いと登録できないことが多いです。 しかし、一度ログインIDとパスワードを手に入れると、自宅でも会社でもインターネットカフェでも取引が可能ですし、 近頃ではスマートフォンでも取引が可能となっているので、いつでも市場をチェックしながら取引ができるのが最大のメリットとなっています。 ネット証券で株式の取引を行うことは現在、投資家の間で最もポピュラーな取引方法となっています。 いつでも市場をチェックできるので、四六時中画面から目が離せなくなるのはデメリットと言えなくもありません。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金

少ない予算からチャレンジしたい方は、株式投資よりもFXがおすすめ

FXも、インターネットで手軽に取引できる投資方法です。

FXとは世界中の通貨を売買して利益を得る方法で、ネットでの口座開設が可能になった数年前より、爆発的な人気を集めました。 1万円から運用することができるので、初心者でも取引しやすく、またスマホや携帯でも確認できるので、いつでもどこでも 取引が可能になりました。ただし、通貨というものはその価値が大きく変動することはありません。 大きく儲けようと思ったら、それなりの投資金額が必要になってきます。また、大きく賭けると、損失が発生した時も大きいので注意!

初心者向けの基本

これだけは知っておきたい

株で儲けられる仕組み

どうすれば株で儲け?どうすれば損になるか
そもそも株はなぜ儲けられるのかを知ろう
資本金とは一体なんでしょうか?利益との関係

基本となる知識

おすすめ情報サイト