バーチャルトレードというのは、仮想通貨を使用して実際の株価と連動している銘柄を購入し売買を行うという一種のシミュレーションゲームです。

初心者さんのための株の練習ゲーム

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『バーチャルトレードの活用方法』

最初から株式取引で現金を投資するのが怖いという方は大勢います。

そういう方たちにはバーチャルトレードを利用するのが良いでしょう。 バーチャルトレードというのは、仮想通貨を使用して実際の株価と連動している銘柄を購入し売買を行うという 一種のシミュレーションゲームです。 このバーチャルトレードで安定した利益が出せるなら、同じように取引を行えば利益が出るということになります。 ただし、このバーチャルトレードにも落とし穴があります。 それは、ほとんどの人が「実際の取引と同じような気持ちで取引ができない」というものです。 あくまでも仮想通貨なので、減ったり増えたりしたところで自分の懐が痛むということがありません。 そのため、「これはゲームだ」という感覚で取引をする人がとても多いです。 それならゲームとして楽しめばいいのに、ゲームで利益が上がったからと実際に株式取引をして痛い目にあうという人が後を絶ちません。

本人は真剣にしているつもりでも、実際に現金で投資をしていないので甘さが抜けないというのがバーチャルトレードの欠点となります。 しかし、本当に自分の資金で取引をしているつもりでバーチャルトレードを利用している人は今後の株式取引に活かせるものを掴んでいくので、 バーチャルトレードは、そういう風に真剣にプレイする人たちにはとても便利な場となります。 株式取引のバーチャルトレードを始めるには、 証券会社が提供しているソフトやサイトを利用するというのが一般的です。 そして、バーチャルトレードをするために必要なのは、パソコンとメールアドレスだけということが多いので、 始めるだけなら小学生にもできることがポイントになります。

スポンサードリンク

広告

海外では小学生に株式取引の基礎を教えるという学校もありますが

まだまだ日本では少ないというのが現状でしょう。

しかし、今後のために株式の基本について教えたいという親も増えてきました。 そういう人たちにもバーチャルトレードはオススメです。 バーチャルトレードで株式の基本どころか、ネット証券での取引のやり方も分かりますし、 チャートやツールの使い方も学べるので、株式取引を始めようとしている方は、 まずバーチャルトレードから始めるのが一番良いでしょう。 くれぐれも、「真剣な気持ちで取引をする」ということを忘れてはいけません。 少しでも軽い気持ちで始めると知識は身についても、技術やメンタル面で鍛えられることが無いので、 実際に取引を始めると、あたふたとしてしまって、利益を確定することができず、損失ばかりが増えていき、 大変なことになってしまいます。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金