いつ、どのタイミングで株を売却するべきか、ここには初心者でもベテランでも悩むものです。

株を売却する方法と、タイミングの決め方について

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

初心者向け・株の売却方法について

株式を購入する人は、今すぐか、かなり先かは異なるものの

いずれはその株式を売却しようと思って購入しているはずです。そこで、まず、株式の売却時の注意点についてみていきましょう。 株式を購入するときは、将来株価が上がったときに売却すれば、購入価額と売却価額の差額を利益として手に入れることが出来ると期待しているはずです。 確かに、株式の購入後、自分の思うように株価が上昇した場合には、ある一定時点でその株式を売却すれば利益を手にすることが出来ます。 しかし、世の中は自分の思うようにばかりは動いてくれないもので、想定どおりに株価が上昇するとは限りません。

つまり、株式購入後に、自分の思いとは逆に、株価が継続的に下がっていってしまうということも十分にあり得るのです。そのようなことが起こった場合、多くの人は「またいつかは株価が上がってくるはず」と根拠のない考えをしてしまいます。 そして、酷いときには株価が半分になってしまい、投資金額(株式を購入するのにかかった金額)が半分に減ってしまったということになってしまうのです。 このようなことにならないためには、どのようにすればよいのでしょうか。 答えは、株式を購入するときに、「株価が○○円まで下がったら売却する」と決めておくということです。

スポンサードリンク

広告

これでは購入価額よりも売却価額の方が小さいため

当然損失は発生してしまいますが

投資金額が半分になってしまうといった悲惨な事態は避けることが出来ます。一時的に損失が発生しても、また次に購入した株式でその損失を取り戻せばいいのです。株価が半分になってから株式を売却しても、損失金額は大きく、なかなかその損失を取り戻すのは難しいです。ですので、株価がある程度まで下がってしまった場合には、早めに売却するということが大切なのです。

次に、株式を売却すると一言にいっても、売却方法は色々あります。そこで、ここでは基本的な売却方法について触れておきます。株式の売却も、購入の場合と同じで、証券会社のウェブサイトで行うことになります。その際の方法として、大きく分けて2つの方法があります。1つは、売却したい株価を指定して注文する方法です。例えば、「株価が200円になったら売却する」という注文方法です。もう1つは、売却価格はいくらでもいいので、今すぐに売りたいという注文方法です。したがって、前者では売却価額が事前に分かる一方、後者ではいくらで売却できるかが不明なため、いくらのお金が入ってくるかは事前には分かりません。他方、後者では確実に株式を売却出来る一方、前者では株価が指定した価格にならなければ売却出来ないため、いつ売却出来るかが不明です。これらの方法にはこのような特徴がありますので、「○○円で売却したいのか」それとも「今すぐ売却したいのか」で選択する注文方法は変わってきます。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金