コカ・コーラの株には株主優待がついています。

コカ・コーラの株について

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

コカ・コーラの株について

会社が発行している株式を、証券市場から購入することで

株主の地位を得ることが出来、それ以降売却するまでは、株主として権利を主張することが出来ます。会社の中には、1年に1回ないし2回、株主に対して株主優待というものを実施しているところがあります。 株主優待とは、会社から株主に対してその会社の商品や割引券、お米などをプレゼントするものです。これは、会社側からの、自身の会社の株式を購入してくれて保有してくれている株主に対するお礼の意味が込められています。 みなさんがよく知っていると思われるコカ・コーラという会社がありますが、この会社は、実は日本では3つに分かれているのですが、やはりその3社すべてで株主優待は行っています。

3社を順番にみていくと、まず、北海道を担当している北海道コカ・コーラボトリング株式会社では、6月末と12月末時点の株主に対して、1年に2回株主優待を行っています。その内容は、株式を1,000株以上保有している株主には、2,600円分のコカ・コーラの商品の詰め合わせを、3,000株以上保有している株主には、3,300円分のコカ・コーラの商品の詰め合わせをプレゼントしています。 次は、東日本を担当しているコカ・コーライーストジャパン株式会社についてですが、こちらも北海道の会社と同じく、6月末と12月末時点の株主に対して、1年に2回コカ・コーラの商品をプレゼントしています。 そして、最後に、東日本を担当しているコカ・コーラウエスト株式会社については、1年に6月と12月の2回、株主優待を行っているのは同じですが、この会社はカタログの中から株主が欲しいコカ・コーラの商品を選んでもらえるという方法を採っています。

スポンサードリンク

広告

またそれ以外にも、コカ・コーラの商品を選ばないかわりに

その分を社会貢献活動を行っている団体に寄付するという選択も可能です。

このように、会社によって株主優待の内容は異なります(株主優待自体を行っていない会社もたくさんあります)が、会社としても株主に対して何らかの形で感謝の気持ちを伝えようとしているのです。ですので、様々な会社の株主優待の内容を調べることで、自分が欲しい株主優待を行っている会社を見つけることが出来るかもしれません。実際、株主優待を貰うことを目的として、様々な株式を購入している方もたくさんいます。株式を購入するかしないかにかかわらず、色々な会社の株主優待を調べてみると、面白い発見があるかもしれませんので、一度時間があるときには試しにやってみてはいかがでしょうか。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金