資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『損失は出しても破産しない方法』

株式取引では現物取引をしている限り破産するということは考えられません。

「破産」という言葉を辞書で引くと「資金がゼロになる」ということも破産と呼ぶので、 厳密にはあり得ないということでもありませんが、「投資していた企業が倒産する」ということ以外は考えられません。 また、株式取引では一社に集中して投資をするというのではなく、リスク管理の為に複数の会社に投資するのが一般的です。 それらの会社が一斉に倒産してしまったのなら仕方ありませんが、それでもゼロに戻るだけなので、 負債を抱え込んでしまうということはありません。

そこで、損失は出しても破産しない方法についてですが、これは「損切り」をどうするかというところに掛かってきます。 損切りというのは「損を承知した上で取引を確定させる」という行為ですが、手早く損切りをすることで、 次回以降の投資に資金を回せるというメリットもあります。 通常、株式取引で「買い」から入った場合には「この銘柄は株価が上がる」と予測して購入するものです。 しかし、予測に反して株価が下がってしまった場合には、その時点で「負けている」ということになります。 では、負けている時点で、さっさと撤退しておくと傷口を広げることも無いので、 それ以上の損失を抑えることができます。

スポンサードリンク

広告

株式取引の格言の一つに

「利食いは遅く、損切りは早く」というものがあります。

これは、利益が出ている間はギリギリまで粘って、損失が出てしまった場合にはとっとと損切りするというものです。 しかし、実際に取引をしていると、その逆をしている人というのが想像以上に多いです。 そして、損が出ている状態でも株式を保有しているだけで株式優待がもらえたり、配当金を受け取ることができるので、 塩漬けになってしまうことが多いというのもポイントです。 しかし、株式取引で利益を出していくということを考えるのなら損切りはできるだけ早くした方が良いと言われています。 資金に十分な余裕があるというのなら、また株価が上がってくるまで待つということもできますが、 その方法では投資した金額を取り戻すまでにどれだけの時間が掛かるかわかりません。 そのため、損切りはできるだけ早くした方が良いのです。

確かに、損切りを早くすると勝率自体は落ちてしまいます。 しかし、勝率の割に資産があまり減らないので、何度も投資することができます。 株式取引に限らず全ての投資に関して言えることですが、必要なのは「どれだけ儲けるか」ではなく、 「どれだけ損失を減らせるか」ということになります。 長く続けていれば大きな波に乗ることもありますが、続けていないと波の発生を見極めることもできませんし、 波が発生する前に引退してしまっていることもあります。 まずは、長く続けるということを目標に始めるのも良いかもしれません。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金