資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『株式取引と確定申告』

株式取引で年間に100万円の利益を得たとしても

そのまま財布に入れられるというわけではありません。 この得た100万円に対して税金が掛かるので、実際にはもっと少なくなってしまいます。 そのために確定申告が必要となります。 この確定申告ですが、確定申告しなければならないというのは下記の条件のどれかに当てはまる方になります。
1.給与の収入額が2,000万円以上の方
2.給与所得と退職所得以外の所得が20万円を超えている方
3.2か所以上から給与の支払いを受けていて、合計額が20万円を超える方
これらのどれかになります。 株式取引については、2番の条件に当てはまりますので、年間の利益が20万円を超えていない方は確定申告をする必要がありません。 しかし、年間の取引を通してマイナスで終わってしまった方は確定申告をしておいた方がお得になります。

それは、「マイナスの申告は3年間繰り越せる」という決まりがあるからです。 例えば、最初の年に50万円のマイナスを出し、1年後28万円のプラス、2年後22万円のプラス、3年後30万円のプラスとなった場合に、 1年目に確定申告をしていないと、28万円、22万円、30万円のそれぞれに税金が掛かってしまいますが、 1年目に確定申告をしていると28万円と22万円を足して50万円となるので、税金を納める必要がなくなります。 そのため、損失を出してしまった年度に関しては面倒でも確定申告をしておいた方が後々のためになります。

スポンサードリンク

広告

次に、近年では様々なネット証券があり

それぞれ特徴が異なるので、複数の証券会社を使い分けているという投資家も多いです。

そのような投資家は、それらの口座の損益を合わせて申告することができます。 そうしないと、1つ目のネット証券では50万円の利益が出て、2つ目の口座で50万円の損失だった場合に、 1つ目のネット証券で税金を納めなくてはならなくなるので、トータルではプラスマイナスゼロなのに、 税金分が赤字になってしまいます。

これは、ネット証券を開設するときに一般口座を開設している場合は利用者が確定申告の際に記入するだけで済みますが、 特定口座だった場合は既に税金が引かれていることになるので、確定申告をすると還付金として50万円に掛かった税金が返還されます。 その際に必要な書類としては、「年間取引報告書」というものが必要になります。 これは、証券会社に申し出るといつでも出してくれるので、郵送で受け取る必要があります。 そのため、確定申告の提出期限ギリギリに記入しないで十分に余裕をもって記入するようにした方が良いでしょう。 プロの投資家の中には確定申告の際に税理士に依頼するという方も少なくありません。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金