資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『株式と遺産相続について』

株式をアウトソーシングするというのは、株式の運用を業者に任せるということになります。

株式を保有している方が亡くなると、株式が遺産として取り扱われ、相続することになります。 株式の遺産相続を行うには2つの方法があり、
・株式を現金化し、現金として相続する
・株式の名義を相続人に変更する
という2つのやり方がありますが、基本的には前者の方が楽に手続きができます。 株式を現金化するには、その株式を取り扱っている証券会社に赴き売却するだけで済みますので、 売却後の現金を相続するというやり方です。 もちろん、現金を相続するということになるので、相続税が発生します。

次に、株式の名義を変更する方法ですが、こちらは少々面倒になります。 まず株式を保有していた方の除籍謄本と株式を相続する方の戸籍謄本が必要となり、 相続する方が株式を運用していく口座を持っていないという場合は特定口座を開設する必要もあります。 そして、こちらの場合は「株式を譲渡した」という扱いになるので、株式譲渡に関する税金が発生してしまいます。 どちらの場合でも税金が発生しますが、どちらの税率の方が高いかというのは、 相続する金額によって異なってきますので、どちらが良いというものではありません。

スポンサードリンク

広告

個人投資家の場合は

株式を現金化して遺産分配するのが一般的ですが

企業のオーナーや代表者が亡くなったケースでは、次の後継者に名義を変更するというのが一般的です。 その際に、企業の代表が変わったということで株価が激しく動くというのはよくあることですので、 投資している企業の代表が代わった際には株価をよく見ておく必要があります。 また、遺産の中に株式があった場合には、法定相続分として、一定の遺産が分配されるということはありません。 そのため、必ず協議によって遺産分割をしなければなりません。 なので、近親者だから遺産の取り分が多くなるということも無く、相続人の中で協議してどれくらいの株式を相続するかということを決めます。

株式の相続に関して遺族が揉めるということはよくあることなので、 投資家の方は遺言状などで遺産分配を予め決めておくと残された遺族が争わずに済みます。 この際には、公正証書で遺言状を作成しておく方が良いでしょう。 また、株式の相続に関しては、できる限り早くしないと株価の変動もあり無価値となってしまう可能性もあります。 株式の評価額に関しては相続が発生した日の株価が基準となりますので、株式の相続を受ける方は、 その辺りのこともキチンと調べておかないといけません。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金