資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『業者に運用を委託した際のメリット・デメリット』

ファンドを利用した際のメリットやデメリットについてですが

メリットについては基本的に2つになります。
・自分で銘柄を選ばなくてもいい
・少ない金額で投資ができる
まず、自分で銘柄を選ばなくてもいいというのは、投資をする側としては、かなり楽になります。 株式取引は何千とある銘柄の中から、自分でその企業の成長率を考えて投資しなくてはいけません。 海外の企業まで視野に入れるとその数は万を超えます。 その中で投資をして安定した利益を出すというのは途方も無い労力を必要とします。 しかし、ファンドに投資金を預けておくと、ファンドが予測して基準をクリアした企業に投資家の代わりに売買をしてくれます。 自分で投資先を選べないというのは不安に感じるかもしれませんが、ファンドが売買のタイミングを見切って取引してくれるので、 自分で何かをするということはありません。

次に、少ない金額で投資ができるというのは、株式取引を自分でやっていると、基本的には1単元での取引となります。 この1単元というのは、少なければ数万円という金額ですが、1単元の株数が多い銘柄になると100万~200万円掛かるというのもザラにあります。 そうなると簡単には投資できませんし、頑張って投資した銘柄が翌日に暴落していれば目も当てられなくなります。 そこをカバーしてくれるのがファンドです。 ファンドに投資する金額というのは基本的には1万円から投資ができます。 その投資した金額に比例して配当金を得ることができるので、1万円で100万円以上の株式の取引をしているのと同じ状態になります。 ただし、配当金も比例しているので、投資した分の配当金しか得ることができません。

スポンサードリンク

広告

次にデメリットに関してですが

デメリットとしては「手数料が掛かる」というものがあります。

投資金の運用を任せることになるので、それに掛かる費用を出さないといけません。 しかし、投資した出資金の保証というものは基本的にありませんので、投資が失敗すると、手数料を取られた上に元本割れするということになります。 このあたりがファンドを利用する上でのデメリットとなりますが、右も左も分からない投資家にはファンドに投資してどのような流れになるのかというのを勉強するという手段もあります。

ファンドを利用する上でメリットもデメリットもありますが、 自分で全てを賄うよりも労力的に少なく資産運用ができるというところがポイントです。 自分で全ての投資をするとトイレや食事中でも株価の動きに一喜一憂してしまいます。 しかし、ファンドに依頼すると、ファンドに預けた投資金を解約するまではこちらから何もできなくなるので、 その間は本業に集中することができます。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金