資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『株式を譲渡した際に関係してくる税金』

株式を譲渡すると譲渡した際に税金が発生します。

今回は、その税金の種類と確定申告について紹介していきます。 株式譲渡をすると、申告分離課税として課税され、これは他の給与などの所得とは別に確定申告しなければなりません。 しかし、年間の給与が2,000万円以下で株式を譲渡した際の利益が20万円以下の場合は確定申告をする必要がありません。 そのため、株式取引をしていても、年間を通してマイナスだった場合には確定申告をしなくても良いと思われるかもしれませんが、 マイナスの場合に確定申告をしておくと、来年度にプラスになった場合に前年度のマイナス部分が控除されることになるので、 来年度に納めるはずの税金が安くなるので、マイナスでも確定申告はした方が良いです。

繰り越して控除される税金は翌年以降3年間となっているので、1年目に100万円のマイナスになって、 2年目20万円のプラス、3年目30万円のプラス、4年目50万円のプラスとなった場合には、 この4年間に関しては株式譲渡に関する税金を納める必要はありません。 もちろん、1年目に確定申告をしておかないと、2年目は20万円なので必要ありませんが、3年目、4年目は税金を支払わないといけないので気をつけて下さい。

スポンサードリンク

広告

株式譲渡に関する所得の計算式としては、下記のようになります

<計算方法>

総収入金額(譲渡価額)-(取得費+取得費に加算される相続税+借入金の利子+委託手数料+譲渡に要した金額) となっていて、相続税や手数料なども引かれて利益が出た分だけ所得として計算されます。 税率に関しては10%もしくは20%となっていて、どこで分けられているかというと、 「証券会社を通した上場株式」なのか「それ以外の株式」なのかというポイントになります。

一般的にはネット証券か証券会社を通して取引をすることになるので、10%の課税が掛かります。 ただし、平成25年1月1日から平成49年12月31日までは「復興特別税」として0.147%もしくは0.315%の税金が掛かりますので、 注意するようにしてください。 株式を譲渡しただけでこれだけの税金が掛かりますが、その他にも配当金に税金が掛かったり、 所持しているだけで「資産」として見られるので、その分に税金が掛かってきたりと、株式取引には様々な税金が掛かってきます。 これらの税金をキチンと把握していないと税務署から追徴金の通知が来ることもありますので、気をつけて下さい。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金