株を運用するために便利なツールやソフトは、証券会社のウェブサイトに必ず機能としてついています。

これを利用するにはその証券会社を利用し、ログインしないといけません。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

初心者向け・株の管理ソフトについて

株をする際に最も重要な要素の1つは、適切な情報をリアルタイムで入手すること

誤った情報に基づいて株式投資をしてしまうと、損失を出してしまう可能性が高まりますし、また、適切な情報を入手したとしても、時間がしばらく経ってからでは意味がありません。 そのため、株式投資をする人は、いろんな方法で情報を入手するように努力しているのです。 そこで、情報の入手方法の一つとして、自分が取引する際に使用している証券会社を利用することが考えられます。

証券会社のウェブサイトでは、ログインすることで、様々なサービスを受けることが出来るようになっています。 例えば、株式の動きをリアルタイムで把握できる株価ボード(証券会社によっては名称が異なる場合があります)というツールがあります。 株式に投資して利益を得ようと思うときには、出来るだけ安い価格で購入し、出来るだけ高い価格で売却することが必要なのは理解できると思います。 そのためには、株価の動きをリアルタイムで把握する必要があり、この株価ボードは非常に役に立つのです。

スポンサードリンク

広告

それ以外にも、株式を購入するには

その会社がしっかりと利益を出しているか

つまり儲かっているか(業績)を確認することが必要です。 もしぜんぜん儲かっていない会社であれば、その会社の株価は今後下がっていってしまうと思われるので、株式を購入するのは止める必要があるからです。 そのため、証券会社のウェブサイトには、会社の業績を調べることが出来るツールが用意されています。その他にも株式投資に必要とされる様々な情報ツールが証券会社には用意されていますが、比較的みんなが使わないようなマイナーなツールになると、特定の証券会社でしか利用できない場合もあるため、そのようなツールを利用したい場合には、そのツールを提供している証券会社に口座を開設する必要があるといえます。

大抵の投資家は証券会社を複数利用し、いくつかのツールを使い分けています。 例えばAという証券会社の●●というツールは便利だけど、これには▼▼の機能がついていない。 それを補うにはBという証券会社のツールが便利だ……という場合があるということ。 多くのサイトで、様々な証券会社を紹介していますが、あそこも、ここもオススメです!と複数紹介しているのは、 このような事情があるためだと言えます。実際に株式を始めてみると分かりますが、より多くの情報を集めるためにも、複数の証券会社のツール機能を賢く使うことが重要になってくるのです。

一方、証券会社以外にも、情報ツールを提供してくれるウェブサイトはたくさんあります。例えば、ヤフーファイナンスというお金に関する情報を提供しているサイトでは、証券会社のように業績の情報を手に入れることはもちろん可能ですし、決算発表の予定日や証券会社では入手できない利用者の掲示板なども用意されています。 株式投資をする際には、最低条件として、自分が必要としている情報をリアルタイムで入手できる方法を確立しておく必要があります。そこで、証券会社や他のウェブサイトが提供するツールやソフトを上手に利用し、投資に役立てることをお勧めします。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金