資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『株式取引での「空売り」について』

株式取引は一般的に資金をもっていて

資金分の株式を購入する「現物取引」によって取引を行っていくことが多いですが、 現物取引を始める段階では「買い」からしか入ることができません。 そこで、「売り」から入れるシステムが「空売り」と呼ばれる取引方法になります。 これは、「現在株式を保有していない状態=空(カラ)の状態」から、売ることで株価が下降している状態でも利益が出るというものです。 商取引では株式でも商品でも、現物をもっていないと売ることができませんが、株式取引では現物をもっていない状態でも「売る」という行為ができるのです。 その取引が空売りと呼ばれるもので、空売りをするためには信用取引をしなければなりません。

信用取引は証券会社に保証金を預け、その保証金に応じて株式を売るということになります。 当然、売った株式は後で買い戻さないといけません。この時に生じる差額が空売りをした時の利益となります。 例えば、現在株価が100円の銘柄を1万株分空売りしたとします。 そして、その後の株価が90円になった時に買い戻しをすると、1株につき10円の利益となり、1万株分なので10万円の利益となります。 しかし、株価が予想に反して上昇し、110円になっていたときに買い戻しをすると10万円の損失となりますので、 このあたりは買いから入った場合と同じになります。

スポンサードリンク

広告

空売りの特徴は「信用取引」に関わってくる部分にあります。

この信用取引ですが、信用取引では預けてある保証金の3倍までの取引が可能となっています。

そのため、100万円を証券会社に保証金として預けておくと300万円までの取引が可能となります。 なので、100万円を預けていて300万円の取引を行い、その300万円分が全て損失になってしまった場合には、 200万円の赤字を背負い込むということになってしまいます。 100万~200万ぐらいの赤字なら支払っていくということもできますが、 1,000万円を超えるような赤字になってしまうと支払っていくこともできなくなります。

そうなると自己破産して再スタートをするという方法になりますが、 投資が原因で負債を背負った場合には免責が下りないということが多いので自己破産できないことも多く、 地道に返済していくしか無くなってしまいます。 空売りをすること自体は何の問題もありませんが、信用取引をして預けている資金以上の取引をすると必要以上のリスクも背負い込むことになるので、 信用取引をする際には気をつけるようにしてください。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金