資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『投資金額と利益率から生活費を控除する』

株式取引で生活をしていくためには

「株式取引で得た利益」から「生活費」を控除した上でプラスになっていれば成立します。 しかし、株式取引はリスクを伴うものなので「確実に増える」というものではありません。 今日、銀行預金ですら確実に増えるということは確定できませんので、株式取引だけで生活費を捻出するというのはとても難しくなります。 しかし、2つの条件をクリアすると、株式取引で生活するのも可能となります。
1.十分なリスク管理をした上で、配当金で生活ができるだけの投資金額を用意する。
2.投資を分散させ、集中させず安定して収入を得る
特に1番の条件が難しいのですが、例えば、10億円が目の前にあるとして、 それを株式取引で資産運用すると生活していくことは可能だろうか? という問いになら「ほぼ可能」と答えることができます。

10億円を投資に回した時の利回りが1%だったとしても年に1,000万円の利益があるということになります。 年に1,000万円の収入があれば生活していく上で何の問題も無いでしょう。 しかし、これが1,000万円を投資に回した時に生活していけるかどうかとなると、 「ほぼ不可能」という回答になってしまいます。 家族が生活していくのに必要な資金を500万円だとすると、1,000万円を投資して年間50%の利回りを出さないといけません。 日本がまだバブル景気と呼ばれていた頃なら可能かもしれませんが、現在ではほぼ不可能となります。 これは、プロの投資家が年間に出せる利益率を大幅に超えています。

スポンサードリンク

広告

なので、株式取引はあくまでも「資産運用」ですので

投資によって少しの利益を受ける手法となります。

そのために必要なのは、「投資手法を確立させる」ということです。 今まで先人が行ってきた様々な投資手法を分析し、自分に合っているもので今の時代に合っているものを身につけると株式取引で安定して利益が出せるようになります。 その進んだ先に「株式取引で生活をする」というものがあります。

そのため、現役引退後に「生活費の一部にでもなればいいか」という感じで投資を始める方も多くなっています。 なので、株式取引の目標は「株式取引で生活をすること」ではなく、「株式取引で儲けること」になります。 株式取引をして、安定した利益を出すためには、短期での投資だけではなく、どうしても長期での投資が必要となります。 長期での投資を行うと、配当金という面でもありますが、株主優遇のサービスを受けられるという付加価値があります。 このように様々なものを受けて結果的に投資者がトクをするのなら株式取引をする意味があると思われます。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金