資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『ツールを組み合わせる』

株式取引に慣れてきて

中級者ぐらいになってくるとツールを組み合わせた方が効率よく取引ができることが多くなってきます。 1つの情報ツールだけに頼るということではなく、情報を仕入れるのにも複数のツールを利用することで信憑性を高めたり、正確性を高めたりすることができます。 よく使われる例としては、「情報ツールを複数利用する」というものです。 これは、各証券会社が提供している情報ツールを利用して今後の株価の予測を立てるというものです。 情報と言っても、様々なものがあり、新商品の展開を考えている企業があるとか、 決算報告があるとか、どこの企業とどこの企業が合併するかまたは共同で企画を進めていくかなど、 株価に影響するものは様々なものがあります。

大企業が展開しているチェーン店などでは、従業員が倒れたとか強盗が入ったなどでも株価に影響を受けるものが多いです。 またゲーム業界などの株価情報では新作ゲームの発表や売れ行きなどが株価に直結してくるので、 情報を収集するということは常に行っていないと株式取引で利益を生み出し続けるというのは難しくなります。 そこで重要なのが、「ツールを組み合わせる」ということなのです。

スポンサードリンク

広告

ツールを組み合わせるといっても

既存のツールに手を加えるというものではなく

複数のツールの良いところだけを利用するという方が捉えやすいと思われます。 ネット証券は様々なツールを提供していますが、それぞれ向き不向きというものがありますので、 ツールは良いけど、売買手数料が高くて使いづらいとか、売買手数料は最も安いけど、 ツールに良いのが無くて使いづらいというものがあります。 それを解消するために、取引を行うのは手数料の安いネット証券を利用して、 情報ツールを利用するために情報ツール専用のネット証券に口座を開設するという方法があります。 気をつけなければならないのは、情報ツールを利用するのに料金が必要だったり、口座開設してから一定の期間しか無料にならないようなツールもあるということです。

そのため、取引をしたことも無い時にあっちこっちのネット証券に口座を開設してしまうと、 せっかくの無料期間が十分に活かせなくなってしまうので、機を見計らって口座開設するようにしてください。 ツールを組み合わせてしまうと、パソコンの動作が重たくなってしまうこともありますので、 十分なパソコンのスペックを用意してから取引を行うか、パソコンのメモリとCPUを良いものに取り換えてから行うようにした方が良いでしょう。 モニターも取引を効率的に行うのなら2~3つのモニターを同期させた方が見やすくて便利です。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金