資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『株式取引での利益と損失とは』

株式取引で利益を出すというのは2つの方法があります。

それは、「株式を売却して利益を出す」という方法と、「株式の配当金で利益を出す」という方法です。 前者をインカムゲイン、後者をキャピタルゲインとも呼ばれます。 株式取引では、短期での投資と長期での投資に分けられることが多いですが、 短期での投資で利益を出す場合は売却益を求めることが多いですし、 長期での投資では配当金で利益を出すというスタイルの投資家が多くなっています。

そして、損失に関しては「予測を間違えて売却した時に赤字になってしまった」ということに関してのみとなります。 その他にも「株式取引手数料が掛かりすぎて結果的にマイナスになった」というものもありますが、 取引に関してだけを見ると基本的な足し算と引き算なので、誰にでもわかる取引となります。 例えば、手数料を関係無いとして、株価が1,000円の株式を1,000株購入すると100万円が必要です。 株式を購入した後、株価が1,100円になった時に1,000株をすべて売却したとすると110万円になります。 そうすると、「売却した金額-投資した金額=利益」となるので、今回は10万円の利益が出たということになります。

スポンサードリンク

広告

しかし、株価が900円の時に

1,000株を売却すると90万円となるので10万円の赤字となってしまいます。

株価の上下というのは需要と供給の仕組みと同じなので、釣り合っていると株価は動きません。 この天秤がどちらかに傾くことで株価が上下することになります。 その株式が欲しいと思う流れとしては、「この株式を今のうちに購入しておくと、今後の展開的に皆が欲しがるはずだ」 という流れになります。 これは、新商品の発表であったり、新規事業の計画であったり、企業の代表者が交代した等の場合に大きく動くことになります。 また、新しく発表した商品や事業が思ったよりも伸びなかったときなどには株価が急落することになります。

株価の流れと、その企業が発表した出来事と、世間の影響などをまとめて考えると答えは見えてきますので、 まずは多くの情報を掴むことが大切です。 過去の情報を見比べて流れを掴むことで、こうなればこうなるということを知ってください。 そうしないと、未来の情報を読むことはできません。 このように、株式取引での利益と損失というのは簡単な仕組みになっています。 しかし、企業の業績や世界の景気、為替動向などで常に揺れ動く要素がある状況では、 今後の未来を予測するということがいかに難しいことなのかを分かってもらえると思われます。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金