2020年の東京オリンピックへ向けて、株の動きが上昇するのでは?と考える人も多いでしょう。

オリンピックと株に関する個人的な意見

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

オリンピックによって株は上昇傾向となるか

これは非常に難しい質問です。

なぜなら、株式相場は様々な要因が絡み合って上がったり下がったりするため、オリンピックという1つだけの要因で動くものではないからです。ただし、オリンピック以外の要因に変化がなく、すべて一定と仮定した場合には、結論を得ることは可能となるでしょう。以下では、このように仮定を置いたうえで説明します。 結論からいいますと、オリンピックが開催されることによって、株式相場全体では多少上昇傾向になると思われます。しかし、株式相場全体では「多少」といえる程度です。

これは、オリンピックの開催に伴い、利益が増加すると考えられる会社が一部に限られ、大半の会社ではオリンピックの開催は業績には何ら影響を及ぼさないからです。そうであれば、株式相場はほとんど上昇しないのではないかと考えられるかもしれませんが、実はそうではないのです。株式を購入しているのは、あくまで人間です。みなさんもご経験があると思いますが、日によって気分が乗っているときと沈んでいるときがあるでしょう。それと同じように、株式を売買している人にも気分の浮き沈みはあるのです。したがって、晴れの日の方が雨の日より株価が上昇しやすかったり、ものすごく寒い真冬の日よりも桜が咲き始めた日の方が株価が上がりやすかったり(もちろん例外もありますが)することがあるのです。オリンピックの開催は、そうそうあるものではないため、日本全国が盛り上がり日本全体の雰囲気も良くなるはずで、株式を売買している人の気分も良くなることでしょう。その結果、株式相場全体が上昇することは考えられるのです。

スポンサードリンク

広告

しかし、株式相場全体の上昇幅は限られるとしても

特定の業種の株価は大幅に上昇すると考えられます。

事実、不動産や建設、テーマパーク、観光関連の会社の株価は、オリンピックが東京で開催されることが決定して以降、大幅に上昇しています。オリンピック会場の建設や道路整備、海外からの観光客の宿泊・観光などの要因により、直接影響を受ける会社は、利益が大幅に増加するからです。 以上をまとめますと、オリンピックの開催により、日本全体の雰囲気が良くなるのに加え、直接の好影響を受ける会社の株価が大幅に上昇するため、株式相場全体では多少上昇傾向になるといえるでしょう。注目すべき株はたくさんありそうですね。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金