資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『利益での申告と損失での申告』

税金というのは不思議なものです。

全ての事柄に支払いの義務があると言っても過言ではありませんが、 ほとんどの人は「できる限り払いたくない」と思っているのも事実でしょう。 株式取引でも利益を得たり株式の譲渡を受けた際には税金を納めなければなりません。 しかし、仕組みを知っているだけで支払う税金の額を少なくできたり、 さらに還付金を受け取ることができたりするので、株式取引をする方は税金の仕組みを知っておいた方が良いでしょう。

まず、確定申告をする際に知っておかなければならないのが、 「年間20万円以上の利益が出た」のか、「年間通してマイナスだった」のかということです。 これらの条件でのみ確定申告が必要となります。 また、ネット証券に口座を開設する際に「特定口座」で開設している方で取引をしていて利益が出たことがある。 という方も確定申告をする必要があります。 まず特定口座の仕組みについてですが、これは売却益や配当金を受け取るときに予め税金が引かれているので、 1回の取引で利益が出て、なおかつ年間20万円以下の利益だった場合には還付金を受け取ることができます。

スポンサードリンク

広告

次に、年間20万円以上の利益が出ている方でも

サラリーマンなどで給与をもらっているという方の場合は

給与の額や年間の収入によって税金が控除されることもありますので、源泉徴収票と年間取引報告書の2つが必要となります。 最後に年間通して株式取引をしてマイナスだった方で翌年以降も株式取引を続けていくという方は、 マイナスを出した年から3年間は税金の控除が受けられますので、確定申告をしなければなりません。 このように考えると、株式取引をしているほとんどの方が確定申告をしなければなりません。 また、会社によっては社員の確定申告を会社で行っているというところもあるかもしれませんが、 そういう時は確定申告表の「第二表」に記載されている「住民税・事業税に関する事項」のところを記載することで、 問題無く処理することができます。

また、サラリーマンの副業に関して近年では許されているところも多いですが、 まだまだ会社にばれたくないという方も多いでしょう。 そういう場合にも、税務署に連絡すると、自宅の方に副業に関する納税通知書が送られてくるので、 会社に知られることなく納税することができます。 複数のネット証券の口座を利用していたり、年間の利益が大きくなりすぎた場合などには期間限定で税理士に依頼するのもいいかも知れません。 自分では分からないことでも、年間報告書と源泉徴収表を渡しておけば、後は税理士が処理してくれるのでトラブルになることもありません。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金