資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『株式取引のリスク管理』

株式取引では常にリスクが付きまといます。

そのため、リスクを管理して利益を出していくのが株式取引の基本となります。 リスク管理として代表的なのは、「集中的に投資するのではなく、分散させる」ということが大切です。 近年では大企業だから倒産しないということはありません。 大企業でも、震災で倒産してしまうこともあれば、役員が不祥事を起こしてしまい信用を無くして、 倒産してしまったということもありえる時代になってきました。

そのため、1社に集中して投資をしていると、もしもの時にその株券が紙屑になってしまう危険性があります。 なので、複数の企業に分散させて投資することが大切です。 配当金や将来性に期待して1社に集中させたい気持ちもありますが、 いざというときのために分散させておくことが最悪の事態を回避してくれます。 次に、株式取引では「買い」と「売り」を行うことで取引をしていきます。 この際に、通常は「買い」から入り、もっている株式を「売る」ことで利益を出すのですが、 空売りという取引方法を利用すると「売り」から入って、売った分の株式を後に「買い戻す」ということで利益を出すこともできます。

この空売りには大きなリスクが伴います。 株式取引を「買い」から入った場合に、最大の損失はその株券の価値が無くなった場合です。 この状態は投資した金額を全損した状態になります。 例えば、株価が100円の時に1万株買った後に、会社が倒産すれば、マイナスは100万円ということになり、 投資金が無くなった状態と同じになります。

スポンサードリンク

広告

しかし、空売りの場合は

ゼロ以下のマイナスを叩き出してしまう危険性があります。

上記の例を持ち出すと、株価が100円の時に1万株を空売りします。 そして、株価が200円の時に全てを買い戻すと、投資した金額全てを失った状態となりますが、 株価が300円の時に買い戻してしまうと、ゼロを割ってマイナス100万円となってしまいます。 そのため、空売りをした時にはマイナスに上限が無くなってしまうので、買いから入ったとき以上にリスクが高いとも言えます。

空売りをするには証券会社に保証金を預け、預けた保証金で取引を行うという流れになりますが、 この預けた保証金が減るようなマイナスになると追証が発生します。 追証が発生すると、翌営業日もしくが翌々営業日までに追証に記載された金額を保証金として入金しないと、 現在保有している株式を強制的に解約されてしまい、損失だけが残ってしまいます。 しかし、追証が発生している時点で既に損失が発生している状態となっているので、 そうなる前に損切りしてしまうことがリスク管理の第一歩となります。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金