資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『株式に関係してくる税金の確定申告の方法』

年間を通して株式取引をしてきた人が最後にするのが確定申告です。

株式取引をすると、取引によって得た利益には税金が掛かりますので、キチンと税金を納めないといけません。 ここでは、株式取引に関しての確定申告のやり方について紹介していきます。

1.確定申告の手順

確定申告の手順は、まず1年間を通して利益だったのか損失だったのかという計算から始めます。 この時点で、「年間の給与が2,000万円以下」で「売却益が20万円以下」という方は確定申告をする必要がありません。 しかし、利益が少ないという方は無視してもいいですが、年間を通してマイナスになってしまったという方は確定申告をしておくと、 以降3年間に渡って損失の繰り越しができるので、来年度の利益の為に確定申告をするようにしてください。

まずは計算についてですが、証券会社やネット証券では「年間取引報告書」というものがもらえます。 会社によっては利用者から言わないとくれないというところもありますが、ほとんどの場合は確定申告の時期になると自動的に送られてきます。 もちろん、自分で全て記入して郵送するだけというケースもありますが、初めての方は必要な書類と印鑑を持って税務署で確定申告を行うと、 分からない部分を教えてもらえるので非常に助かります。 その際に必要な持ち物としては、「年間取引報告書」、「印鑑」、「源泉徴収表(給与をもらっている方)」の3点となります。

スポンサードリンク

広告

2.特定口座と一般口座の確定申告について

一般口座と特定口座の違いというのは

利用者の代わりに証券会社が税金を納めてくれるかどうかというポイントになります。 最初に口座を開設するときに選択するケースもありますが、ほとんど場合は口座を開設してから1回目の取引をする前に口座の選択があります。 そこで、「一般口座」を選択すると、様々な特典が受けられるというメリット共に、取引ごとに送られてくる取引報告書を自分で整理して年間取引報告書を作成しないといけません。 ここでサボってしまうと確定申告の時期に地獄を見ることになります。 特定口座は利用者の代わりに税金を納めてくれるシステムになるので、売却益や配当益が出る度に天引きされてあなたの口座に入ることになります。 そうなると、マイナスになった時に誤差が出るかと思われますが、それらも確定申告の時に還付される仕組みになっていますので安心してください。

特に複数の証券会社を利用して取引をしている方の場合は特定口座を開設せずに、 自分で年間取引報告書を作成される方が多いです。 というのも、1か所でプラスになっていても、他の全部を合わせるとマイナスになっていることも多いので、 特定口座にしてしまうと、結局は還付されますが一時的にマイナスになることが多いので、 まとめて管理される方が多くなっています。

これら2つの項目が株式取引をしていて確定申告をする際に必要になるものとなります。 必要書類を税務署に持っていくと作成後にそのまま提出できるので、時間があるという方は必要書類をもって税務署に行った方が悩まずに済むので非常に便利です。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金