資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

株取引で使う専門用語・解説集その4

『塩漬け株』

塩漬け株というのは一般的に「売り時を逃した株式で現在も保有している銘柄」のことを指します。 株式取引では「買い」よりも「売り」の方が難しいとされています。 というのも、買った時点では未来の株価が分からないので、様々な要素を吟味して買うことができますが、 売るときには、利益や損失、そしてこれから利益が増えるのか損失が少なくなるのかが予測できないという方が多く、 売り時を逃してしまうという方が多いです。

しかし、株式は保有しているだけで株式優待のサービスが受けられたり配当金などの利益を受けることも多いので、 売れなくても一定の利益を得ることもできます。 そう思って売るに売れなくなってしまった状態の株式のことを塩漬け株といいます。 特に上場したばかりの企業は値動きが激しくなっているケースが多いので、売り時を逃してしまうと半年ほどで株価が半値になってしまうということもあり、 損切りしたくてもできない状態となってしまうことが多いです。

『評価益、評価損』

評価益や評価損というのは、「現在保有している株式が買った時と比べてどうなっているか」ということを指します。 例えば、買った時よりも株価が上がっているのなら評価益となりますし、買った時よりも株価が下がっていると評価損となります。 評価益や評価損で注意してほしいのは、「現在の株価によって評価される」ということです。 そのため、利益も損失も確定させていないので、今後どのようになるかは分かりません。 株式取引では、評価損や評価益の段階で一喜一憂しないで、確定させてから安心するようにしてください。 そうしないと、目の前の株価に踊らされることになってしまいます。 評価損や評価益というのは、それぞれ「含み益」「含み損」という呼ばれ方もするので、 情報収集をする際には他の用語と間違えないようにしてください。

『押し目買い』

押し目買いというのは、株価が上下している部分の押し目(株価が上昇している時に一時的に下落したところ)で買うことを指します。 しかし、押し目買いをしているつもりでも、株価がどんどん下落していき、結果的に損切りをしなければならなくなったということもよくあります。 一般的には、上昇を続けている銘柄が一時的に下がった時が買い時とされていますが、 チャートだけを見るのではなく、他の情報も加味した上で買うかどうかを判断した方が良いでしょう。 どんな銘柄でも1日中上がり続けるということは少なく、上がるときでも小さな反発を受けながら上がり続けます。 そのため、その際の反発が一時的なものなのかそのまま下落していくのかというのは他の要素も考えないとできません。

『IPO』

IPOというのは、「Initial Public Offering」の略のことで、新規公開株や新規上場のことを指します。 株式会社は企業の株式を証券取引所に公開することで、株式を自由に売買できるようになります。 この公開寸前の株式のことを「IPO銘柄」と呼び、この段階で公募価格というものが設定され取引が行われるケースもあります。 新規上場するために企業が行う方法は2つあり、それは「現在所持している株式を売却する」というものか、 「新たに株式を発行して事業資金を集める」というものの2つになります。 前者は現在のオーナーか株主が持っている株式を市場に流通させて売却益を得るというもので、 後者は新しく株式を発行して株主を募り、資金を集めるというものになります。

『公募価格』

公募価格というのは、IPO銘柄が新たに株式を発行する際の株の価格のことを指します。 近年では公募価格で購入した株式が株式公開される際に取引所に最初につく株価の初値よりも 低いケースが多いので、IPO銘柄が人気となっています。 そのため、IPO銘柄を手に入れること自体が難しく、予約が殺到し購入できることも少なくなっています。

『ストックオプション』

IPOの際に見極めの1つとして用いられるのがストックオプションを採用しているかどうかということになります。 ストックオプションというのは基本的には「株式をある値段で買う権利」ということになります。 これは、主に従業員や役員に行使されるオプションとなっているのですが、 従業員や役員に株式をある値段で買う権利を付与することを指します。 この「ある値段」というのがポイントですが、株式の売買では基本的に現在の価格で売買されることになります。 しかし、このストックオプション制度は「ある値段」で固定のまま買う権利を付与されるということです。

例えば、現在の株価が500円の株があるとして、これを従業員に「今後5年以内ならこの株式を500円で1万株買える権利」として付与します。 そして5年後にはこの株式が1株2,000円になっていたので、従業員は権利を行使し1万株購入し売却しました。 この時点で1株につき1,500円の利益が出ているので、総額1,500万円の利益を出したということになります。 もちろん、ストックオプションは権利なので、株価が下がっている状態ならいつでも放棄することができます。 そのため、従業員の士気を上げるためにストックオプションを採用しているベンチャー企業はかなり多いです。

スポンサードリンク

広告

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金