資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『株式を相続した際の税金について』

株式を相続すると、税金が発生しますが、これを「株式相続税」といいます。

まず、株式を相続するにあたって、必要な数字を出さないといけません。 それは、「株式の評価額」です。 株式の評価額によって支払う税金の額が異なってくるので、まずは持っている株式の総数と株価をチェックしてください。 そして、上場している株式の場合は下記の3つから最も低い価格が評価額として算出されます。
①課税時期の終値。
②課税時期の月の終値の月平均額。
③課税時期の前月の終値の月平均額。
これらの評価額については証券会社に行けばすぐに割り出してもらえますので、すぐに算出できるかと思われます。 しかし、厄介なのが非上場株式を保有した場合になります。 非上場株式は未公開株式や親族経営などで市場に出回らない株式になります。 この株式を保有していた場合には、相続が発生した日の評価を算出することになりますが、 一般的には、「評価方法の区分」と「会社規模の区分」によって評価されます。

上場株は1日でもずれると評価が異なりますので、正確な日付が必要となります。 間違った日付で申告してしまうと、追徴金などで多くの税金を支払ってしまう可能性もありますので、注意するようにしてください。

スポンサードリンク

広告

中小企業のオーナーは

オーナーが全ての株式をもっているということが少なくありません。

そのオーナーが亡くなってしまうと、保有していた株式は残された遺族の手元に渡ってしまいます。 しかし、中小企業は基本的に上場していない為に保有している株式を売却することができなくなってしまいます。 そのため、相続した税金だけが発生しているのに相続税に充てることができず苦しむことになります。 なので、中小企業の株式を相続するためには、予め少しずつ株式を分散させておくと良いでしょう。 他社の手に渡るわけにはいかないので、親族に少しずつ分けて持たせておくと税金対策にもなって効率的です。 また、株を新規発行することで1株当たりの評価額は下がります。 そうしてから株を渡すことで相続税対策にもなります。

株式の評価額が下がるということは、会社の評価額が下がるということと同じですが、 中小企業の場合はオーナーが株式を一手に引き受けているので、会社の評価額が下がっても市場には何の影響もありません。 中小企業のオーナーが急に亡くなると残された従業員や家族が苦しむことになるので、 予め遺言書を作成し、トラブルが少なくて済むように対策しておくことも必要です。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金