資産を増やし、運用して、将来の蓄えにしませんか?銀行の利息なんて微々たるもの。

初心者さん用の投資基本講座サイトです。小さな予算からコツコツと投資を始めましょう。

株譲渡による税金
株は権利を譲渡することでも利益を得ることができますが、税金がかかります。
株式配当金の税金
株式で得た利益には、税金がかかります。貴方の利益は大丈夫でしょうか?
確定申告は必要か?
利益がある一定の金額を超える場合、必ず確定申告が必要になってきます。

『インターネットで株式取引をする際に注意すること』

インターネット取引で一番注意しなければならないことは「入力ミス」です。

これは、当たり前のことですが、ネット取引で「確定」としてしまったことは、巻き戻すということはできません。 実際に証券会社に赴いて取引を行う場合だと、受付で注文を確定するまでにちょっとした間があるので、 その間に取り消すことも可能です。 しかし、インターネット取引だと注文から確定までのラグがありませんので、 パソコンを使い慣れていないとミスをしてしまって買いたくも無い銘柄を購入してしまったり、 取引数量を間違えてしまうとか、買い足しをしようとしていたのに、間違えて売ってしまったりとか、 様々なミスをしてしまうリスクがあります。

次に、「資金の管理が甘くなってしまう」というリスクがあります。 インターネット上で画面を見ているだけだと、「お金の価値」というものを見失ってしまいがちになってしまいます。 株式取引を一種のゲームのように感じてしまって、簡単に売買できるので、リスク管理を怠ってしまうというものがあります。 これを防ぐためには、きちんと自分に制限を掛けて、自己管理していくことが必要となります。

スポンサードリンク

広告

最後に、インターネットで取引をするということは

非常に便利な取引方法となっていますが

慣れないと危険度の方が高いとも言えます。というのも、「誰も注意してくれない」ということです。 全てが自己管理しながら取引を行いますので、「この銘柄は安心できるのか」とか「このキー操作で購入できるのか」という判断を全て自分自身で行わなければなりません。 そのため、始めは購入するのではなく、自分が取引しようとしているネット証券のシステムを熟知するところから始めると良いでしょう。 株式取引をするのに必須なツールとして「チャート図」が挙げられますが、ネット証券が提供しているシステムによってツールがある場所も種類も全てが異なってきます。

そのため、慣れている人は自分が使いやすいツールというのを独自に持っていることが多いです。 また、ツールを使用するためだけに口座を開設して、そのネット証券のツールを使いながら実際の取引は自分がメインで利用しているネット証券を使うという方もいます。 「売買手数料は高いけど、ツールの種類が豊富で使い勝手が良い」というようなネット証券もありますので、 まずは自分のスタイルに合ったネット証券を探すということから始めてもいいかもしれません。 どうしても、株式取引を始めようとする人は「利益」という部分に目が向いてしまいがちですが、 「できる限り長く続けて利益を出していく」ということを目指すなら、 「自分に合ったネット証券を探す」ということが最も大切になってきます。

株取引で使用する専門用語の意味を知ろう!

その1

提灯をつける、つなぎ売り、逆日歩、ドテン、浮動株、無配

その2

M&A、お化粧買い、TOB、直取引、仕手株、雷同買い・売り

その3

制限値幅、ストップ配分、ナンピン(難平)、二階建て

その4

塩漬け株、評価益・評価損、押し目買い、IPO、公募価格、ストックオプション

その5

株主優待制度、ストップ高・ストップ安、1単元、ミニ株、単元未満株

その6

低位株、信用取引、空売り、追証、損切り、保証金